賃貸をお考えの方へ 賃貸をお考えの方へ 賃貸をお考えの方へ

ワンルームの賃貸は面積がどのくらいが主流なのか

image

不動産会社では色々な物件の情報があり、1Rや1K、1DK、1LDKなどさまざまなタイプがありますが、学生や単身者に人気なのがワンルームの賃貸物件です。ワンルームの賃貸物件は、台所と居住がつながっていて仕切りがない部屋のことをいます。また、玄関との間にも仕切りがない場合もあります。1Kは台所と居住がそれぞれ独立している部屋で、1DKは台所の面積が広く、台所に椅子やテーブルを置ける広さになります。1LDKは1DKよりも台所が広くなります。

ワンルームタイプの賃貸物件にもいろいろなタイプの部屋があります。キッチンのスペースが案外広く取られている物件もあります。調理台やガスコンロなど広く快適に使える物件もありますし、逆に調理スペースが狭いところもあります。また、玄関と居住空間の仕切りがないため、ドアを開けたら部屋が丸見えの部屋もあるため、女性がワンルームの賃貸物件を探す場合は注意した方が良いかもしれません。また、ワンルームの賃貸は収納スペースが少ない所が多いため、収納用の家具を置くか、荷物を減らすなど工夫をしましょう。

他にも冷蔵庫や洗濯機を置く場所を確認しておくことをおすすめします。広く見せて快適に過ごせる部屋にするためにはさまざまな工夫が必要です。

ワンルームは狭くて安いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。東京都内で10平米の部屋は沢山あり、相場は4万円前後となっています。シェアルームの賃貸物件もあり、風呂トイレ共同の物も多いです。

これらの物件は男性専用、女性専用の所が多いようです。また、面積の広い物件をみてみますと、約66平米のワンルームの場合は家賃25万円前後のものがあります。こちらはオートロック、オール電化などの最新設備が整っている部屋や、キッチンやバス、トイレが広く快適に使える仕様になっています。自分自身の希望する生活スタイルを一度よく考えてから、どのようなタイプのワンルーム賃貸物件を選べばいいか、情報サイトや不動産会社などで探してみてください。

imageブログパーツ